Home / 国内旅行 / 京都 / 京都世界遺産「平等院」の歴史と観光の見どころ

京都世界遺産「平等院」の歴史と観光の見どころ

745e106fee543ea1e9368c85d552cdb2_s

平等院のある京都南郊部宇治は、平安時代初めより貴族の別業地として知られ、紫式部の源氏物語の主人公光源氏のモデルとされる第52代嵯峨天皇の12番目の皇子にして、極位極官従一位左大臣の源融も859年もしくは889年に別業を造営したとされています。

スポンサードリンク

平等院の歴史

源融の別業は、第57代陽成天皇や第59代宇多天皇、第61代朱雀天皇、第宇多天皇の第8皇子敦実親王の子源重信を経て、998年に一条天皇の正室として和泉式部や紫式部を従えていた藤原彰子の父藤原道長の手に渡ります。

1027年に藤原道長の死に伴い子の藤原頼道が受け継ぎ、疫病の流行や大火のあった1052年に寝殿を寺院として改築し、藤原佐理や藤原行成と並び三跡と称される小野道風の孫にして園城寺長吏を務めた天台宗の僧侶明尊により開山され宇治平等院の歴史が始まったとされています。

鳳凰堂が落成

翌1053年3月4日には、七宝乃至は百千万の宝をもって厳飾されているとされる西方極楽浄土を具現化し、阿字池の中島に人々を救済する目的で鳳凰堂(当時阿弥陀堂)が落成したとされています。その為、鳳凰堂は、落成当時には両翼廊の端が阿字池に突出する様に建築され、池には拳大の玉石が敷き詰められていたとされ、現在よりも阿字池が大きく鳳凰堂が阿字池に浮かぶ様に建てられていたとされています。

法華堂が建立

その後、1056年には法華堂が建立され、1061年には紫式部の娘が乳母だった第70代後冷泉天皇の皇后であった藤原頼道の娘寛子により多宝塔や宝蔵が建立され、1066年には頼道の三男師実に頼道の五大明王が奉納され、藤原頼道の子供達により現在の平等院を遥かに超える規模で整備されたとされています。

観音堂が再建

1336年には、楠木正成によって阿弥陀堂以外の伽藍の大半が焼かれ、更に応仁の乱で衰退していきますが、鎌倉時代に観音堂が再建されます。1868年には、神仏習合の慣習を禁止する神仏分離令公布後の仏教寺院や仏像、経巻を破毀する廃仏毀釈により、文化財や建造物の売却が行われた時期もありますが、1897年に特別保護建築物に指定され、1994年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。

現在の平等院と見どころ

現在では、鳳凰堂の中堂及び両翼廊、尾廊の4棟、木造阿弥陀如来坐像、木造雲中供養菩薩像、木造天蓋、金銅鳳凰、梵鐘、鳳凰堂壁扉画などが国宝に指定され、観音堂や木造十一面観音立像、浄土院養林庵書院(非公開)が重要文化財に指定されています。

鳳凰堂

33f7ccac4a3fcfbbc606bd85b85addfb_s

鳳凰堂は、仏師職の祖として日本で初めて法橋となった仏師康尚の子定朝によって製作された国宝丈六の阿弥陀如来坐像が堂内須弥壇に安置され、阿弥陀如来坐像の頭上には精巧な宝相華唐草文様の透かし彫りの方蓋と漆喰螺鈿の方蓋の二重天蓋が吊られ、天蓋中央には八花鏡、天井には銅製の鏡66個が吊られています。

壁扉画14面

阿弥陀坐像を取り囲む壁扉画14面には、観無量寿経に基づく九品来迎図の上品上生から下品下生までの9図が俯瞰で描かれています。又、堂内の天井や柱には彩色文様、扉や壁には極彩色の絵画、長押上部の壁には截金彩色の様々な姿の雲中供養菩薩像の浮き彫りなどの煌びやかで非常に高価な装飾が施されていますが、多くの装飾が色褪せてしまい、雲中供養菩薩像の約半数はミュージアム鳳翔館で保存及び公開されています。

平等院ミュージアム鳳翔館

平等院ミュージアム鳳翔館は、1965年に開館した宝物館の老朽化に伴い2001年に開館した博物館であり、庭園の景観を崩さない様に大半が地下施設となっています。館内には、従来の様に国宝の扉絵や梵鐘、雲中供養菩薩像などの貴重な遺産が公開され、より平等院を理解してもらう為にCGなどの最新デジタル技術も導入されている観光スポットです。

国宝の鳳凰

国宝の鳳凰は、鳳凰堂の中堂大棟の南北両端に一対が設置されていますが、現在はレプリカが設置されています。鳳凰堂の鳳凰には、雌雄の区別は無い特徴があり、落成時には銅像鍍金製で頭部に本物の羽が植毛されていたと推測されています。

国宝の梵鐘

1c125c8d7a9f942fc4dd9b8014b4edf2_s

国宝の梵鐘は、京都の神護寺や滋賀の園城寺の鐘と並び天下の三名鐘に数えられ、60円切手のデザインにもなっている11世紀〜12世紀に製作された無名の和鐘ですが、天下の三名鐘の中で最も装飾文様が美しいとされています。

観音堂

観音堂は、釣殿観音や釣殿と呼ばれる瓦葺の寄棟造の重要文化財であり、鎌倉時代初期に本堂跡に建立されたとされ、鳳凰堂以外に当時のまま現存する唯一の建造物です。観音堂は、鳳凰堂の様に煌びやかではありませんが、藤の時期には藤棚から見える姿が美しいとされ、堂内には平安時代後期に造仏された本尊十一面観音立像を安置されていたとされています。

六角堂

六角堂は、1902年〜1907年に行われた鳳凰堂の翼廊の解体及び修理の際に出た廃材を利用し建てられた瓦葺の建造物です。

まとめ

平等院の1番の見所は、観無量寿経の極楽浄土や宝池を表している阿字池の中島に建つ鳳凰堂を中心に五大堂や不動堂、宝蔵、泉殿、経蔵、護摩堂、愛染堂、円堂等が存在した浄土式庭園であり、この庭園は平安時代の歌人橘俊綱が今鏡の中で当代一と評しており、源頼政終焉の場所と言われる扇の芝や藤原氏の代表紋藤の花、藤原頼政の墓等も人気の観光スポットです。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …