Home / 国内旅行 / 京都 / 平等院鳳凰堂を存分に味わうための事前知識とスムーズな観光方法

平等院鳳凰堂を存分に味わうための事前知識とスムーズな観光方法

0653e4596e8c48ed3a835d7e49e6f180_s

平等院鳳凰堂は京都にある世界遺産の1つです。その歴史は古く、また10円玉に絵柄がついていることから知名度も非常に高いのが特徴です。

そもそも平等院は9世紀ごろ、嵯峨源氏の源融が営んでいた別荘だったのですが、それが宇多天皇に渡り、天皇の孫を経て藤原道長の別荘となったものです。その当時は寺院という扱いではありませんでした。寺院という扱いになったのは1052年に藤原頼通によって改められてからのことです。1053年には阿弥陀堂が建立され、これが現在の鳳凰堂となっています。

平等院と言えば鳳凰堂がセットのように知られていますが、実はそれ以外の堂塔も多く立ち並んでいました。現代には実在していないため中には正確な位置などは分かっていないものもあります。こうして約1000年前に建立された建造物や仏像が今日にまで伝えられ、世界遺産にも登録されています。

スポンサードリンク

鳳凰堂のみどころ

鳳凰堂には多くの国宝仏像があります。

阿弥陀如来坐像
雲中供養菩薩像(全体)
舞う像 南20号
舞う像 北9号
楽器(鏧) 南4号
楽器(笙) 南21号像
楽器(拍板) 南1号
持物(華鬘) 南3号
持物(欠矢) 南10号
持物(天蓋) 南2号
持物(蓮台) 北25号
僧形 南120
それぞれ異なった形をしており、当時の思想を表しています。これらの仏像が平安時代を中心に安置されたことにより、当時の美意識や華やかさを後世にも伝えています。

年中無休なので拝観はいつでもできるのですが、時間が8:30~17:30と定められています。また鳳凰堂内を拝観するのであれば9:10~16:10までです。時間が若干ことなるため事前にチェックしておく必要があります。

平等院の散策ポイント

平等院の中には10ヶ所の散策ポイントがあります。

鳳凰堂

33f7ccac4a3fcfbbc606bd85b85addfb_s

1053年に藤原頼通によって建立された阿弥陀堂です。摂関政治である当時の華やかさが分かる唯一の建物としてとても貴重です。大きな池の中に建てられているのが大きな特徴です。

浄土院

塔頭となる建物です。阿弥陀如来立像、帝釈天立像、養林庵書院障壁画などの文化財を管理しています。

羅漢堂

宇治市指定文化財です。1640年に茶師星野道斎と息子たちによって建立されました。主要な部分は当時のまま保存されています。

養林庵書院

桃山城の遺構と伝えられており、その障壁画は宇治市指定文化財となっています。

観音堂

非公開の重要文化財です。鎌倉時代前期に創建当時の本堂跡に再建されたものとされています。

平等院ミュージアム鳳翔館

2001年に開館された総合博物館です。歴史的建造物が立ち並ぶ平等院の中で唯一近代的な建物がこのミュージアムと言えるでしょう。様々な美術工芸品を良質な環境で保管しているため、安心して閲覧することができます。ミュージアムの中にはショップも併設されています。国宝の図鑑や写真集、様々な国宝をデザインに取り入れた文房具などが販売されています。

最勝院

塔頭2ヶ寺の1つであり、天台宗系の単立寺院です。1654年に京都東洞院六角勝仙院の僧が住居に選んだこの寺院を最勝院と呼ぶようになったのが始まりといわれています。

不動堂

最勝院の本堂です。不動明王と並び役小角の像が祀られています。隣接している地蔵堂にはまた別の像が祀られています。

源頼政の墓地

不動堂の近くに設立されています。毎年5月26日には「頼政忌」の法要が行われています。歴史に名を残す人のお墓などなかなか見る機会がないとあって多くの観光客が足をとめます。

扇の芝

源頼政が最後を迎えるにあたり、軍扇を広げて句を詠み、西に向かって「南無阿弥陀仏」と唱えたと言われています。そのためこの場所には「扇」という名がついています。

それぞれの場所に祀られているものが違うため、飽きることなく散策することができます。また歴史的建造物以外にもミュージアムで国宝をじっくり見ることもできますし、疲れたら茶房もあるため落ち着いた空気の中で休憩することも可能です。

周辺には歴史的にも人気である源氏物語のミュージアムもあり、当時の華やかな文化を垣間見ることができます。また有名な宇治神社もあるため、多くの観光客で賑わいます。

四季折々の植物も素敵

もちろん見どころは建造物だけではありません。中には四季折々の顔を見せてくれる植物も植えられており、特に春に開花する藤棚は桜にも負けない美しさを見せてくれます。地面にも届きそうなほど長く垂れ下がっている藤棚はまるで薄紫色のカーテンのようで圧巻です。その美しさは宇治の春の風物詩とも言われるほどです。

また歴史的建造物の散策以外にも人気なのが、表参道の散策です。数多くのお茶屋さんやお土産屋さんが軒を連ねていることから人気の観光スポットともなっています。和の文化に興味のある外国人には特に人気です。宇治茶だけではなく宇治抹茶のスイーツなどを提供してくれるお店もあるため、老若男女問わず多くの人が訪れます。しっかり歩いて散策した後は、和風スイーツでリラックスするのもおすすめです。


スポンサーリンク

Check Also

冬に京都観光に行くなら訪れたい観光スポット33選

歴史を今に伝える建造物が多く残 …