Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海のトリックアート迷宮館の魅力とアクセス方法

熱海のトリックアート迷宮館の魅力とアクセス方法

熱海と言えば温泉や新鮮な魚介類を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、美術館や博物館などの観光スポットも充実しています。美術館で一番人気は「熱海トリックアート迷宮館」です。雨の日は観光客で混雑します。

スポンサードリンク

トリックアート迷宮館へのアクセス方法

トリックアート迷宮館へのアクセス方法ですが、駅から伊東・網代方面・多賀車庫行きの路線バスを利用して「錦ヶ浦」バス停を下車して徒歩10分です。

別のルートとして路線バスで熱海港まで行き、ロープウェイを利用して頂上に登り、徒歩3分でアクセスできます。ロープウェイから海を眺める景色もおすすめです。

トリックアート迷宮館の基本知識

トリックアートを直訳すると「だまし絵」です。これは専門の画家によって平板上に描かれた絵ですが、立体視用のメガネや立体視のトレーニングをしなくても肉眼で立体的に見えてしまう不思議な絵です。

アートは目の錯覚を利用することで脳が騙されることであたかも平板画が立体的に見えてしまうのです。描かれている影の方向を計算してアートを照らす照明の明るさや角度を調整することで、平面画が立体的に見える仕組みになっています。

このため、近くで見ると平板上に描かれた絵にすぎませんが、少し離れた場所からアートを眺めると照明の加減によって壁から飛び出したオブジェのように見えます。

立体的に見える絵だけでなく、特殊なパターンを背景にすることで周囲の物が小さく見えたり大きく見えたりするようなアートも展示されています。

展示されているアートを遠くから見ることもできますが、実際に絵に触ってみたり考えてみることができるので子供だけでなく大人も楽しむことができます。

トリックアート迷宮館の楽しみ方

トリックアートの楽しみ方ですが、最初に少し離れた場所から絵を眺めて立体的で迫力のある眺めてみます。次に、壁に描かれた絵の近くに寄って見てみることができます。

立体的に見えるのは単に絵が立体的に描かれているだけではなく、アートを照らす照明の角度も影響しています。絵に近づいてよく見てみると、自分の体で影となった部分は立体的に見えなくなる様子を観察することができます。

アートを見る角度によっても立体的に見えたり平板画に見えたりするので、正面だけでなく斜め方向からや、近くに寄って見てみるようにしましょう。壁に描かれている絵は大きいので、離れた場所から眺めると絵の前にいる人間があたかも絵の世界に入り込んだように見えます。

絵の近くに立っている人にとってアートは平面画にしか見えないのですが、遠くに立つ人がアートのすぐ近くにいる人間を眺めると人間が立体的に見える絵の“オブジェ”の中に入り込んだように見えるのです。

人間が入り込む様子を楽しむために、誰かと一緒に行ってみることをおすすめします。アートは動物やキャラクターを題材にしたものや部屋などをテーマにしたものがあります。絵から手前の方向に飛び出しているように見えたり、あたかも絵の奥の方にも空間があるかのように見えます。

トリックアート迷宮館での記念写真

もう一つの楽しみ方は、アートや“オブジェ”に入り込んだ人間の姿の写真を撮影することです。一般的に写真撮影が禁止されている美術館や博物館は多いでのすが、ここではカメラの持ち込みが可能で館内で自由に写真撮影を楽しむことができるのです。

カメラで撮影すれば実物を見るよりも立体的に見えますし、アートに入り込んだように見える面白い写真を撮影することができます。入館する際は携帯電話でもスマートフォンでも何でもいいのでカメラを必ず持参して入館するようにしましょう。

アートは自由に触ったり写真撮影をすることができますが、他のお客さんのために長時間留まらないように注意しましょう。

トリックアート迷宮館の施設

トリックアート迷宮館は2014年に展示スペースの広さが2倍になり、展示されているアートの数も16点追加されて合計49点となりました。2014年以前に訪れたことがある人でも、新たに追加されたアートを見て楽しむことができます。

館内には売店があり、お土産としてオリジナルグッズを購入することもできます。

だまし絵を楽しんだ後は熱海城の展望スペースにも訪れてみることをおすすめします。天気が良ければ海抜160m(地上43m)の天守閣展望台から温泉街はもちろんのこと、房総半島や伊豆半島、海に浮かぶ初島や大島まで一望できます。

城の1階にはマッサージチェアがあり、お城に入館した人であれば無料で利用できます。さらに敷地内には無料で利用できる足湯が設置してあり、ゆっくりと足湯に浸かりながら遠くの海を眺めることもできます。マッサージチェアや足湯で休憩するのはいかがでしょうか。

トリックアート迷宮館の営業情報

迷宮館の入場料は大人が900円で子どもが半額です。お城の入場券(単独で購入すれば900円)とセットでチケットを購入すれば1500円(子供は半額)で両方に入ることができるので、かなりお得です。

公式サイトの割引クーポンを印刷して持参すれば大人1人100円、子供50円の割引となります。その他団体割引や障害者割引もあります。営業時間は午前9時から夕方の5時までで、年中無休です。


スポンサーリンク

Check Also

熱海周辺のおすすめ美術館とそれぞれの魅力

熱海には温泉施設やマリンスポー …