Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海で楽しめるロープウェイの魅力

熱海で楽しめるロープウェイの魅力

熱海で最も楽しめるロープウェイといえば、昭和33年5月16日に開業された線路水平長273m、平均勾配17°51、線路高低差96mの「熱海ロープウエイ」ではないでしょうか。

後楽園バス停のすぐ前にある「山麓駅」から約3分程度の空中散歩を楽しむことができるうえに、この辺りでも随一の展望台である「八幡山」の山頂に到着すれば、山頂テラスからは、100万ドルの夜景と呼ばれる市街を臨むことができます。

また、お天気の良い日には、東に房総半島や三浦三崎を見渡せ、南に目をやれば、初島や太平洋の彼方に浮かぶ伊豆大島を眺めることもできます。

スポンサードリンク

熱海ロープウェイの山頂「愛錠岬」

山頂にあるテラスには、恋人同士がたくさん訪れる「あいじょう(愛錠)岬」が観光スポットとして人気となっています。

展望台には、たくさんの錠前と鍵が付けられた絵馬が飾られていて、恋人同士でこの愛錠絵馬に願い事を書いて掛けておけば、1年間そのまま掛けられた後、その年の大晦日の夜に浄火をもって焚き納めをしてもらえます。

最近は、恋人同士で来られる方のほかにも、女性同士で女子旅や恋愛成就のために訪れる方も多く見られます。

秘宝館

また、山頂駅の横には、入場料1,700円で楽しむことができるちょっと大人な博物館「秘宝館」があります。

ここは、若者にはかなり有名な観光スポットで、一般には公開しない大切な宝=秘宝、あまり公開しない大人なものなどが展示されていて、施設の1階から3階までさまざまな展示物があり、ハンドルを回すとあの名シーンを再現することができるマリリンモンローの像や、金色夜叉の銘シーンを再現した「寛一お宮」など、全部見て回るには結構時間が必要なほどたくさん展示されています。

おみくじも楽しめる

ほかにも、誰もが抱える悩みなどを祈願して吹き飛ばしてくれる「祈願堂」や、美しい巫女さんがあなたの運勢を占ってくれる「おみくじ処」など、ちょっと他にはない観光名所もあります。

全館フリーパスお買い得セット券は、1,800円で販売されており、通常の価格では、秘宝館は1,700円、ロープウェイの往復料金は500円となっていますので、かなりお得な料金でロープウェイや施設を楽しむことができます。

施設の営業時間は、午前9:30~17:00まで、 所要時間は約50分程度になります。年中無休で営業していますが、季節によって営業時間が変更となる場合もありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

熱海城も近い

また、山頂駅から歩いて3分ほどのところには、観光用に作られたという「熱海城」、いわゆる展望台があります。

とくに歴史的に実在したお城というわけではなりませんが、海抜100mの位置に城は建築されたお城は、外観が五重塔となっており、内城は9階の日本の城郭に見られる天守を模して造られた鉄筋コンクリート造り天守閣風の建築物で、天守からは、市街や初島、大島、相模灘などの絶景を一望することができます。

観光用のお城で入場料900円は決して安価ではありませんが、これだけの絶景を見ることはなかなかできませんし、お城の中には、日本城郭資料館や武家文化資料館、仮装写真館「鹿鳴館」、浮世絵美術館などのほか、展望足湯や無料のゲームセンターなどを楽しむことができます。

桜まつりも楽しめる

また、お城のそばには、約200数本の桜の木が植えられていますので、3月下旬から4月上旬の桜の見頃には、毎年「桜まつり」が開催されますので、季節によってさまざまな風景を楽しむことができます。

熱海ロープウェイの料金

ロープウェイの料金は、大人(中学生以上)片道400円、往復600円(15名以上の団体の場合は往復500円)、子供(4歳~小学生)片道300円、往復400円(15名以上の団体の場合は往復300円)となっています。

また、身体障害者手帳や愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの場合には、割引料金が適用されますので、必ず乗車券を購入の際に提示してください。

盲導犬や聴導犬、介助犬については、そのまま同伴乗車することが可能となっていますが、補助犬を除くペットの場合には、ペット用のケージに入れて乗車するようにしましょう。

営業時間は、上り始発時刻は9:30から、上りの最終時刻は17:00、下りの最終時刻は17:30となっていますので、少し時間に余裕を持った状態で到着するようにしてください。

熱海ロープウェイのアクセス方法

ロープウェイへのアクセス方法は、新幹線やJRを利用される場合には、「山麓駅」までは、熱海駅よりタクシーで約10分、あるいは路線バス「後楽園行き」に乗車し約15分で下車すれば、徒歩0分で「山麓駅」に到着します。

また、「山頂駅」までは、熱海駅よりタクシーで約15分、あるいは駅より湯遊バスに乗車して約20分の「熱海城」で下車し、徒歩2分で到着します。車を利用される場合には、東京方面からは、東名厚木ICより小田原厚木道路真鶴道路経由で東京より約2時間で到着します。また、名古屋方面からは、東名沼津ICより国道1号、国道136号熱函道路経由で沼津ICより約1時間ほどとなっています。


スポンサーリンク

Check Also

熱海周辺のおすすめ美術館とそれぞれの魅力

熱海には温泉施設やマリンスポー …