Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海の温泉街散歩で楽しみたい観光スポット7選

熱海の温泉街散歩で楽しみたい観光スポット7選

昭和時代には熱海の温泉街は歓楽街として発達しましたが、現在は女性やファミリー向けの観光施設がたくさんあります。熱海を訪れた際は観光旅館の温泉でゆったりくつろぐのも良いですが、昭和の面影が残る温泉街の散策を楽しむこともできます。

JR熱海駅を出てすぐの場所に「家康の湯」と呼ばれる入浴施設があり、無料で足湯を楽しむことができます。これは源泉かけ流しの温泉で、観光客だけでなく地元の人も利用しています。近くの自販機でオリジナルタオルが1枚100円で購入できます。

スポンサードリンク

駅前商店街

市街地の散策で一番のおすすめは駅を出てからすぐの場所にある駅前商店街(「平和通」と「仲見世通」)です。両方ともアーケードで屋根があるので雨の日でもゆっくり見物できます。平和通商店街には創業50年を超える老舗のお店もあり、昭和時代の面影を残すノスタルジックな雰囲気の通りです。

商店街には名物の温泉まんじゅうのお店があり、出来立ての饅頭を1個単位で購入できるので、食べ歩きを楽しむことができます。平和通には「磯丸」というお寿司屋さんがあり、地元で水揚げされた新鮮な魚介類を味わうことができます。

熱海七湯めぐり

温泉に入浴すするだけでなく、蒸気が噴き出している様子を見ることもできます。「熱海七湯めぐり」では、実際に温泉が噴き出している様子を街中でみることができます。

特におすすめは「大湯間欠泉(おおゆかんけつせん)」と「小沢の湯・平左衛門の湯(こさわのゆ・へいざえもんのゆ)」の2つです。大湯間欠泉は銀座通りの山側で湯前神社の左側手前にあり、大正時代までは一定の時間おきに大量の湯と蒸気が交互に激しく噴出し、地面が揺れるようであったと伝えれれています。

かつてはアメリカ・イエローストーン公園内オールドフェイスフルとアイスランド・グレートガイザーとともに、世界三大間欠泉に数えられていたほどです。関東大震災後に噴出が衰えたため、現在は人工的に噴出する間欠泉として整備されて保存されています。

「小沢の湯・平左衛門の湯」では今でも高温の蒸気が噴き出していて、石で造られた釜と冷水が入った容器、水飲み場が設置されています。この温泉では生卵を入れて蓋をして10分ぐらい待つと温泉たまごを作ることができるようになっています。

蒸気が強い日であれば、約15分位で固ゆでのゆで卵ができます。熱いゆで卵を冷水に入れて冷やすことができるようになっています。

近くのスーパーで生卵と塩を購入して、実際に温泉たまごを作るのはいかがでしょうか。隣にある水飲み場の水は名水100選に選ばれている天然水です。ちなみに、卵以外の物を入れることは禁じられています。

銀座町商店街

銀座町商店街も昭和時代の繁栄を偲ぶ街並みが残っています。商店街には乾物店やその他多くの商店が軒を連ねています。銀座町「ゆしま遊技場」はレトロな昭和の雰囲気を今に伝える遊技場です。店内には「射的」や「スマートボール」などがあり、素朴な遊びを楽しむことができます。

「純喫茶 パインツリー」にも昔懐かしいインベーダーゲーム機が置かれた喫茶店で、おすすめは「チョコレートパフェ」です。「ゆしま遊技場」も「純喫茶 パインツリー」も一歩店の中に入れば昭和時代に戻った気分を味わうことができます。

銀座町商店街を過ぎて国道135号線を渡り、海の方に向かって歩いて行くと「渚町」があります。このエリアはかつて歓楽街として反映していましたが今は空き店舗が目立つ寂れた街です。それでもかつての繁栄を偲ばせる看板や建物を見ることができます。

お宮の松

国道135号線を北西に進むと「お宮の松」があります。この場所は尾崎紅葉の新聞小説「金色夜叉」の舞台となった場所で、大きな松の木と「貫一」と「お宮」が別れるシーンの像が建てられています。現在、この場所は恋人たちのラブスポットとして多くのカップルが訪れます。

來宮神社

少し足を伸ばして市街地の北西にある「來宮神社」に行けば、樹齢2千年を超える大楠を見ることができます。この大楠は日本で2番目に大きい木で、神社の御神体として祀られています。

この大楠の周りを回ると寿命が1年延びるとか、願い事が叶うといわれていて、若い女性に人気のパワースポットとして有名です。境内にあるお休み処には名物の「来福スウィーツ」を味わうことができます。

熱海城

市街地の南西側には「熱海城」があります。このお城は昭和時代に建てられた観光施設ですが、最上階の展望台からは初島や伊豆半島だけでなく、伊豆大島まで見渡すことができる絶景ポイントです。城内には喫茶店、「江戸体験コーナー」、資料館などがあります。

1階には無料のマッサージチェアや足湯もあります。

トリックアート迷宮館

お城に隣接する「トリックアート迷宮館」は“錯覚のテーマパーク”で、館内では自由に写真撮影ができるので必ずカメラを持って行くようにしましょう。「熱海城」と「トリックアート迷宮館」の入場券はセットで購入するとお得です。両方とも室内で楽しむことができるので、雨の日は館内が混雑します。


スポンサーリンク

Check Also

熱海周辺のおすすめ美術館とそれぞれの魅力

熱海には温泉施設やマリンスポー …