Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海の日帰りおすすめ温泉6選

熱海の日帰りおすすめ温泉6選

かつて徳川家康からも愛された熱海温泉は日本の三大温泉の一つとも言われるほど有名です。

泉質は無色透明のナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩泉(低張性・弱アルカリ性)で、500本以上の泉源から毎分湧出量18,000L(98.2度)ものお湯が湧出しています。肌に優しい泉質は女性に人気が高く、日帰り入浴施設は家族連れや女性グループの利用が多いです。

スポンサードリンク

ホテルミクラス

女性に一番おすすめの日帰り入浴施設は、オーシャンビューの展望風呂が特徴の「ホテルミクラス」です。海岸沿いにあるホテルの高層階(男湯13階、女湯8階)から相模湾が一望できる展望風呂から贅沢に景色を楽しみながらお湯に浸かることができます。

日頃の嫌な事を全部忘れて、遥か遠くの水平線を眺めながら入浴を楽しむことができます。ホテルミクラスは自家泉源が敷地内にあり、豊富なお湯が自慢です。日帰り入浴プランは営業時間内(14:00~21:00)であれば最大5時間も滞在することができます。

入浴のみのプラン(2,500円)の他に、昼食付きプラン(3,500円)や入浴後に昼寝ができる客室付きプラン(8,000円~)もあり、若い女性に大人気です。いずれのプランでも、ハンドタオルとバスタオルのレンタルが付きます。

大月ホテル 和風館

「大月ホテル 和風館」はホテルミクラスと同じ系列の宿泊施設ですが、大浴場には純和風の露天風呂を備えています。露天風呂の浴槽には樹齢300年の「高野槙」という稀少な木材が使われていて、木製で柔らかい触感の湯船に浸かることができます。

屋内の大浴場では、ガラス越しに外の庭園を眺めながらゆっくりとくつろぐことができます。美肌の湯として評判が高く、こちらも女性に大人気のお風呂です。和風館にある「藤沢湯」は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、pH8.0と水道水とほぼ同じ弱アルカリ性のため、湯あたりがとても柔らかいことが特徴です。

源泉に含まれる溶存物質量は8,572mgとミネラル成分を多く含み、これは一般的な入浴剤(約30g)であれば200Lの家庭用の浴槽に140袋を一度に投入するのと同じ量に匹敵します。

豊富なミネラルによって「塩パック効果」で湯冷めしにくくて美容効果が非常に高いという特徴があります。こちらの施設もハンドタオルとバスタオルのレンタルサービスが付いているので、手ぶらで立ち寄ることができます。

秀花園 湯の花膳

「秀花園 湯の花膳」では海や漁港の街並みの風景を展望露天風呂から眺めながら入浴ができます。

一般的に露天風呂は浴場の周囲が塀などに囲まれていて閉鎖的な感じを受ける場合がありますが、「湯の花膳」の展望露天風呂は高い場所にあって視界を遮るような高い塀などが設置されていないので開放的な気分を味わうことができます。

日帰り入浴は営業時間内(午後2時~午後6時頃まで)であれば滞在時間の制限がなく、ゆっくりと温泉を楽しむことができます。日帰り入浴プランにはハンドタオルとバスタオルが付いています。20名以上の団体で利用する場合には食事付きのプランも選択することができます。

日航亭大湯

源泉かけ流しで非加水、非加温にこだわるのなら「日航亭大湯」がおすすめです。日航亭の建物は古いですが泉質が非常に高いことが特徴で、豊富な湯量で高温お湯を存分に味わうことができる大浴場や露天風呂に浸かることができます。

日航亭の館内にある2本の泉源から熱いお湯が自噴しており、豊富な湯量が自慢の日帰り入浴専用の施設です。大浴場のお湯の温度は高めで、疲れていたりストレスがたまっている人が入浴すればスッキリした気分になれます。

昔は旅館として使用していた建物なので広い休憩室を備えており、入浴後に昼寝ができます。料金は大人1人1,000円と低めの価格設定なので温泉マニアの間で人気のある入浴施設です。

料理旅館渚館

貸切風呂でゆったり入浴したい人には「料理旅館渚館」がおすすめです。渚館には普通の大浴場や洞窟風の岩風呂など8つのお風呂を備えていて、そのうちの6つは貸切風呂(40分1,300円)として利用することができます。

さらに建物の最上階にある展望露天風呂の「貫一の湯」からは天気が良ければ伊豆大島や初島が一望できるほどです。

山田湯

とにかく安いお風呂に入りたい人には共同浴場の「山田湯」がおすすめです。この地域にはかつて8軒の共同浴場が存在していましたが現在はその大半が廃業してしまい、現存するのは山田湯以外に2ヶ所のみです。

山田湯は朝8時から営業していて、入浴料は大人300円、子供150円と普通のお風呂屋さんと同じ料金です。山田湯の見た目はごく普通の銭湯で浴室には富士山の絵が描かれていますが、無加水・無加温の立派な天然温泉です。

山田湯ではタオルが100円、石鹸・シャンプーが各50円で販売されていて、浴槽は男女共に一箇所です。山田湯はワンコイン(500円)で源泉かけ流し・非加水・非加温度の本格的な温泉を楽しむことができる数少ない共同浴場なのです。


スポンサーリンク

Check Also

熱海周辺のおすすめ美術館とそれぞれの魅力

熱海には温泉施設やマリンスポー …