Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海駅から熱海港までのアクセス方法と熱海港でできること

熱海駅から熱海港までのアクセス方法と熱海港でできること

熱海と言えば温泉ですが、温泉以外にも熱海港に行けば丸1日楽しむことができます。熱海港までのアクセス方法ですが、駅から路線バス(伊豆東海バス)に乗車するか、徒歩で25分(約2km)で港に行くことができます。3~4人のグループであれば、駅からタクシーを利用したほうがお得です。

スポンサードリンク

熱海港のおすすめは海釣り施設

熱海港には海釣り施設があります。天気が良ければ岸壁から海釣りを楽しむことができます。釣竿や餌・ライフジャケットなどの必要な用具類は全て貸し出してくれるので、手ぶらでも大丈夫です。釣った魚は持ち帰ることもできますが、管理棟内にある提携レストランに持ち込めば調理してもらって食べることもできます。

海釣初心者でもインストラクターに指導してもらうことができます。海釣り施設を利用する際に、すぐ近くにある「マリンスパあたみの」入場券や「日航亭大湯」の入浴券が割引料金となるセット割引券を購入することも可能です。午前中に海釣りを楽しんだ後に屋内温水プールや温泉で体を休めることもできます。

海釣り施設ですが、開園時間は夏場は朝6時から、冬場は朝7時から日暮れまでです。入場料は大人300円・中学生200円・小学生100円で、釣り用具セットのレンタル料は3時間で2,200円です。海釣り施設は観光客以外にも地元の常連客も多く利用しています。

熱海港から初島へ行ける

熱海港からは初島行きの連絡船や、遊覧船が発着しています。

遊覧船「サンレモ」で海上からの風景を楽しむこともできます。遊覧船の所要時間は約30分で、天気が良ければ海上から伊豆半島や初島、伊豆大島まで見渡すことができます。さらにこの遊覧船には海中にも展望室が設置してあり、海面下に設置してある窓から海の中を自由に泳ぐ魚を見ることもできます。

高知県にも海中を観ることができる遊覧船が運航されていますが、サンゴを見るために窓が船底に設置してあります。一方、「サンレモ」に設置してある海中窓は船の側面に設置してあるため、魚と一緒に泳ぐ気分を味わうことができるのです。

遊覧船の料金大人が900円で子供は半額です。10時から15時40分まで1日9便運航されています。遊覧船は小型犬も無料で乗船できるので、ペットと一緒に海中散歩を楽しむことができるのです。遊覧船に乗って、魚になった気分で海中散歩を楽しむのはいかがでしょうか。

初島の魅力

初島は伊豆半島東方沖の相模灘に浮かぶ離島で、静岡県の最東端に位置します。この島には縄文時代から人が住んでいて、江戸時代から現代に至るまで41戸の世帯が居住しています。大正10年には与謝野晶子がこの島を訪れて「初島紀行」という作品を残しています。

初島にはリゾート施設や遺跡などの見どころがたくさんあり、約2時間かけて島を一周して散策するコース(約4km)がおすすめです散策コースには「江戸城石切り場跡」や「初島灯台」、「海洋資料館」などがあります。さらに初島ではダイビング体験や釣りを楽しむこともできます。

初心者向けのダイビング体験コース(半日)はレンタル・インストラクターの指導・施設利用がセットで13,800円です。初島へのアクセスですが、高速船を利用すれば片道30分の船旅で、半日コースで楽しむことができます。初島までの料金ですが、往復で大人1人¥2,600円です。船上のデッキからも海上からの風景を楽しむことができます。

雨の日はマリンスパあたみで遊ぼう

天候不順で海が荒れている場合には熱海港で海釣りや遊覧船を利用することができませんが、「マリンスパあたみ」には屋内温水プールや健康温浴施設・温泉などがあるので雨の日でも丸一日楽しむことができます。マリンスパあたみには高さ8mのウォータースライダーや大海原を眺めながら浸かれる屋外温泉、本格的な25mプールなどもあります。

大半の設備が屋内または屋根が設置してあるので、悪天候の日でも水着でプールや温浴施設のお風呂を楽しむことができます。施設内には飲食店や売店などの他にバーベキューテラスもあり、新鮮な魚介類を焼いて食べることもできます。バーベキューエリアへは入場料(1人200円)とレンタルコンロ(1台1,000円)が必要です。食材は3~4人分のセットメニュー(3,000円~5,000円)があり、グループで利用すればかなりお得です。

熱海港近くからロープウェイへ

遊覧船のチケット売り場のすぐ隣には「アタミロープウェイ」乗り場があります。アタミロープウェイの所要時間は片道3分(全長273m、高低差96m)で八幡山山頂にある展望台に行くことができます。

山頂テラスからは熱海市街を一望することができ、天気の良い日には房総半島や三浦三崎、南に目を向けると手前に初島、太平洋の彼方には伊豆大島を眺めることができます。ロープウェイの運行時間は上り始発が9時30分で上り最終が17時ちょうど、下り最終が17時30分です。料金は大人1人往復で600円です。

ロープウェイ山頂駅には日本で唯一の秘宝館である「熱海秘宝館」があります。秘宝館の入場券は1,700円ですが、ロープウェイの乗車券とセットで購入すると1,800円で、かなりお得です。この博物館は昭和時代のレトロな雰囲気を今に残している施設です。


スポンサーリンク

Check Also

熱海周辺のおすすめ美術館とそれぞれの魅力

熱海には温泉施設やマリンスポー …