Home / 国内旅行 / 熱海 / 熱海の梅園梅祭りの魅力と楽しみ方

熱海の梅園梅祭りの魅力と楽しみ方

熱海市梅園町にある「梅園」では日本一早い開花をする梅があるということで知られています。逆に紅葉は日本で最も遅いともいわれています。

本記事では熱海の梅林を楽しむことができる梅園の魅力と楽しみ方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

熱海の梅園の基本情報

明治19年に開園し、その梅林の中には樹齢100年を越える古木を始め、なんと59種類472本もの梅を観賞することができます。他にも桜や紅葉、新緑などその季節季節の素晴らしい景色を堪能できるのが良いところです。

庭園

また園内には韓国風の庭園がありますが、これは平成12年に日韓首脳会談が熱海で行なわれて、その後両首脳が梅園を散策したことがきっかけとなったものです。この散策を記念して韓国風庭園ができあがったのが平成14年のことです。

そしてさらに4年後の平成18年にはこの庭園の奥に足湯ができて来園者達の足を休められるようになっています。

澤田政廣記念美術館

この梅園と隣接しているのが澤田政廣記念美術館ですが、この美術館と梅園をつなぐのが「梅園橋」です。紅葉の時期にはこの橋からの景色も素晴らしいです。

梅見の滝

そして梅園でぜひ見ておきたいものといえば「梅見の滝」です。この滝は人工的に造られたもので、岩場から3つに水の流れが分かれており、まるで白糸のように美しい姿を見せています。滝の裏側には人一人がようやく通れるくらいの細い道が造られており、滝の裏側から梅園側を眺めることができます。

ちなみに梅園にはペットを連れて入ることが可能です。条件としてはきちんとリードをつけておくこと、そしてもし排泄したらそれを持ち帰ることです。

お茶会

また園内には香林亭というお茶会や休憩所として利用できる施設があります。利用するには事前予約が必要となりますが、流し台や湯呑みなどを自由に利用することができます。1号室から3号室まであり、一番広い1号室は10畳あります。2号室と3号室は8畳ほどあり、2号室には床の間もついています。

梅祭り

またこの梅園では毎年、「梅祭り」が開催されています。期間は1月上旬から3月上旬まで、梅園内の梅は早咲き、中咲き、遅咲きと順番に咲いていくので期間中はいつでも美しい梅の花と香りを楽しむことができます。

梅祭りの期間中は日曜日・祝日などには甘酒が無料で配布されていますので、梅園は温泉地の近くにありますので宿泊している観光客なども多く、少し混雑する可能性はありますが、週末に出かけてみるのも良いでしょう。

とはいえ、梅園自体は敷地が広大ですから混雑するといってもそこまで心配をしなくても大丈夫です。

ただし中学生以下は無料となりますが、入園は有料となります。一般が300円、市民や市内に宿泊している人、別荘を持っている人などは100円、一般でも11名以上の団体で訪れる場合は団体割引を利用することができますので200円で入園することができます。

市民や市内宿泊者、別荘持ちの方はそれを証明するものを提示する必要があります。市民は住所確認ができるもの、宿泊者は宿泊証明書か領収書、別荘持ちの方は市民施設利用証です。一般価格で入園するとしても安いので家族で出かけるのも楽しめるでしょう。

梅園に開花する梅の種類

梅祭りの期間、出かける時期によって開花している梅の種類は違います。

1月中旬から2月中旬くらいにかけては早咲きの梅が咲き、冬至梅・八重寒紅・八重野梅・鹿児島紅・玉牡丹など19種類くらいの開花を見ることができます。

そして1月下旬から3月上旬くらいには中咲きの梅である小梅系や長束・大盃・鶯宿・青軸など21種類、そして2月中旬から3月上旬にかけては遅咲きの白加賀・紅千鳥・思いのまま・乱雪・月影など19種類ほどを見ることができます。

より多くの種類を見ることができるという意味では2月中旬くらいに出かけるのが最もいろんな種類の梅を見ることができるといえるでしょう。

梅園へのアクセス方法

梅祭りの時期は梅園の前に100台ほど駐車できるスペースが開設されます。有料となっていますが、車での来園者も多いことから周辺道路などの混雑も考えられ、できれば公共の交通機関を利用するほうが良いです。

梅園までのアクセスは車であれば東名高速の厚木ICから国道135号経由で60kmほど、時間にして1時間ほどの距離となっています。公共の交通機関を利用する場合は3つほど方法があります。

JR熱海駅から相の原団地行きのバスに乗って約15分ほどで梅園前のバス停にまで到着しますので、そこからは徒歩2分ほどです。他にはJR伊東線に約3分ほど乗り、来宮駅で下車して徒歩約10分、もしくはJR熱海駅からタクシーで約10分ほどです。

桜祭りも近隣で開催

梅祭りと同じ時期には近隣の糸川遊歩道で、桜祭りも開催されますのでそちらも足をのばしてみるのもオススメです。早咲きのあたみ桜が美しい花を咲かせ、期間中の土日祝日には無料で桜茶の配布がありますから飲んでみるのも良いでしょう。そして午後5時から11時までの間は夜間ライトアップがされますので日中とは違う幻想的な光景を見るのもロマンチックです。デートをするのにもぴったりです。


スポンサーリンク

Check Also

熱海旅行に行くなら食べたい熱海名物5選

熱海と言えば温泉や、近くの漁港 …