Home / 国内旅行 / 箱根 / 芦ノ湖で釣りを楽しめる魚の種類と釣り方、釣り大会、レストラン

芦ノ湖で釣りを楽しめる魚の種類と釣り方、釣り大会、レストラン

芦ノ湖は観光スポットとして今とても人気となっており、たくさんの家族連れやカップルや友達連れで賑わいを見せています。特に最近では家族連れで遊漁管理されている湖で、年中魚を釣ってを楽しむ人たちで賑わっています。

本記事では芦ノ湖で釣れる魚の種類と釣りのポイントについてご紹介していきます。芦ノ湖で釣りを楽しみたいとお考えの方は、是非本記事を参考にしてみてください。一年中釣りを楽しめる芦ノ湖を攻略して、お気に入りの釣りスポットにしていきましょう。

スポンサードリンク

①トラウトや鱒などの大きな魚

芦ノ湖にいるトラウトや鱒はワカサギを食べながら大きくなり、釣り堀では手に入らないような美味しい魚を釣ることができます。

釣れる魚としては以下のものです。

ニジマス

広い湖に放されたニジマスは大きくなって美味しくなっています。釣り方は春の場合はルアーのキャスティングで大きい魚が釣れますし、夏ならトローリングを使えば釣ることができます。

また小さな子供に向けてはエサで釣ることもでき、貸し竿とリールのセットも1日1,000円で借りることができるので、道具を持っていないという方でも十分に楽しむことができます。また仕掛けやエサも販売しているので、万が一無くなってしまった場合でも安心です!

イワナやヤマメ

ここで釣れるイワナやヤマメは、まるで旅館で食べているような美味しい魚となっているので、毎年多くの釣り人たちに人気があります。釣り方はルアーやエサどちらでも釣れるので、誰でも楽しむことが出来ます。

ヒメマス

鮭よりも美味しいと言われているヒメマスも釣ることができます!春はキャスティング、夏以降はトローリングで釣れます。とても美味しい魚なので家族皆で食べたいというお父さんが頑張って釣っている魚でもあります。

②ブラックバス

意外と知られていないかもしれませんが、実はブラックバスが日本で一番最初に流された場所が芦ノ湖です。資源管理もバッチリなので毎年ブラックバスを釣る人も多いです。

また釣り方も季節によって異なります。ブラックバスが釣れるようになるのは春の連休が終わった後からとなっています。梅雨の時期はシャローで釣るのが主流で、梅雨明けした後はシェードもしくはミドルレンジで釣るようになります。

そして秋になったらシャローやミドルレンジで釣ってディープで釣るようにしていきます。このように季節によって釣る方法を変えることによってブラックバスも釣ることができて楽しめます!

またより効率よく釣っていきたいという方は魚探を使うことをオススメします。なかなかこういった広い湖では水深を測るというのは難しいので、上手く釣れないことがありますが、魚探があればどこに魚がいるかという情報も簡単に仕入れることができます。

③ワカサギ

夏以降になると芦ノ湖ではワカサギのシーズンへとなっていきます。ボートにのって釣るポイントを決めてじっくりとワカサギを釣るのを楽しむ人も増えてきます。

釣り方は竿やリールなどの道具で上手く調整していくことが大事です。竿は1.5m~3mほどの竿でルアーでも簡単に釣ることができます。リールは小型のスピニングリールを使い、仕掛けも5本~10本針のものを使います。ちなみにエサはほとんど不要なので女性や子供でも十分に楽しむことができるものとなっています。

これらの竿を使って湖底の底ギリギリの所を回遊しているワカサギにまで垂らしていきます。そして底に付いたら上下にゆっくり動かしてワカサギを誘い、時期を見計らって上げるというのを繰り返して釣っていきます。 絶頂期だと一度に何匹も釣れるということがあるので、釣っていて楽しくなってきます。そのため、ワカサギは家族連れの方たちにオススメのものとなっています。

芦ノ湖の釣りの解禁期間と料金

このように芦ノ湖では様々な種類の魚を釣ることができます。それぞれ好きな魚を狙ってたくさんの人たちが魚を釣って楽しんでいます。

解禁期間は3月2日~12月14日までとなっており、それぞれ遊漁料として1日券は店売りの場合は大人が1,300円、身体障害者が600円、中学生以下は無料となっており、現場券の場合は大人が2,000円、身体障害者が1,000円、中学生以下が無料となっています。

また年間券も販売しており、その場合は大人が16,500円、身体障害者が8,250円、中学生以下が無料となっています。身体障害者のものを買う場合は身体障害者の手帳が必要なので持っていくのを忘れないようにしてください。

また年間券を購入したい場合は、毎年1月15日から申し込みを受け付けていますので、その期間内に現金書留で申し込みます。その際には公式サイトでダウンロードできる年釣遊漁承認証申込書に必要事項を記載して、代金と顔写真(縦3cm×横2.4cm)と1人分の代金と返送料510円を添えて送ります。後日レターパックで年間券が返送されるので、そこから使用することができます。

芦ノ湖で開催される釣り大会

芦ノ湖では例年釣り大会を開催しています。主にルアー・フライ限定の釣り大会で、2月末頃に開催されます。

下記の魚種によって部が分けられており、それぞれ表彰があります。

  1. レインボートラウト
  2. ブラウントラウト
  3. サクラマス
  4. イワナ
  5. オオクチバス

協賛も多く、非常に盛り上がる釣り大会になりますので、腕に覚えのある方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

芦ノ湖で楽しめるゲームフィッシュ

芦ノ湖では釣って食べる楽しさだけではなく、ゲームフィッシュとして楽しむことができる魚種が多くいます。

代表的なニジマスやブラウントラウトなどは、80cmに近い大型魚も生息しており、釣り好きの人にはたまらない相手です。ワカサギなど、家族連れでも楽しむことの出来る魚もおり、年中釣りを楽しめる芦ノ湖は、釣り好きの人には押えておきたい湖になります。

芦ノ湖周辺で魚を楽しめるレストラン

芦ノ湖周辺のレストランでは、美味しい食事を楽しめるだけでなく、釣った魚を調理してくれるプランを用意してくれているレストランもあります。

ワカサギなど、小魚でも釣ってすぐのものは鮮度が異なり、抜群の味です。釣って楽しむだけでなく、味覚でも釣りを楽しみたいという方は、事前に調理してくれるプランのあるレストランを探してから、芦ノ湖の魚釣りに挑戦してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?芦ノ湖には豊富な魚種が生息しており、また釣りをする上での環境も非常に整っています。家族や釣り初心者でも楽しめるワカサギ釣りや、上級者でも楽しめるニジマスなど、レベルに問わずどの釣り人であっても魅了してしまうのが芦ノ湖のすごい点です。

都心からも近く、だけれども大自然の中に存在する芦ノ湖で釣りを楽しみ、日々の喧噪から外れた時間を堪能してみてください。美しい景観と身も心もお腹も満たされる芦ノ湖の魚釣りの後では、きっと気分も爽快になっているでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …