Home / 国内旅行 / 箱根 / 芦ノ湖キャンプ村の魅力と楽しみ方

芦ノ湖キャンプ村の魅力と楽しみ方

ab0a9d62ee43f82b47fc03959f25384d_s

芦ノ湖と言えばキャンプを思い浮かべるアウトドア好きの方も多いことでしょう。旅館やホテルも有名ですが、自然に囲まれて家族や友人グループでキャンプを楽しみたい人もかなり多いです。

また、ホテルや旅館は快適ですが、小さいお子様連れですと、周囲に気を使い過ぎてしまい観光を心から楽しめることがなかなかできませんが、その点キャンプなら気にせずに思いっきり楽しむことができます。

スポンサードリンク

女性や子供にとってのキャンプとは

ただ、女性や子育て家族にとって、いざキャンプをしようと思い立った時に、色々と気にすることも出てくるでしょう。トイレはテントから離れたところにあったり古くて不潔な状態なのではないかとか、本当はお風呂に入りたいけどどうしようかとか、飲み物や日用品が欲しいと思った時にお店も近くにあったらいいのに、子供がまだ赤ちゃんだからキャンプは難しいかな、など色々考えてしまいます。そこまで考えてしまうとキャンプそのものの計画まで白紙になってしまいかねません。

芦ノ湖キャンプ村の充実したサービス

ac3603cae51c5c26bb296958c6ce795b_s

芦ノ湖キャンプ村では、そうした多様なニーズに合わせて様々なサービスがあります。それは本格的なアウトドアを楽しみたい方にはテントを張って宿泊できるタイプから、別荘風の建物に宿泊できるタイプまで幅広く提供してくれます。本格的なテントで宿泊する場合にも、近くに敷地内のレストランがあったり、ゴミ置き場が設置されていたり、共同のお風呂場があったり、トイレも管理が行き届いていますから清潔ですし、便利な状態になっています。

また別荘風の建物を利用される場合には、キッチンもトイレも、ベッドも、お風呂場も完備されており、時にはテラスに出て涼しい風に当たってくつろいだりすることができます。バスタオルやシャンプーリンス、ハンドソープをはじめ、炊飯器、フライパンなどの調理道具まで揃っているので、手荷物も食材や着替えなど軽いもので済んでしまいますので、仮に赤ちゃん連れでも安心して利用できます。

この別荘風の建物も、1棟独立タイプとは別に何棟かの連立タイプがあり、友人家族大勢で利用される場合には連立タイプが便利です。さらにはその内の1棟はバリアフリータイプにもなっており、入り口がスロープになっていたり、家具が車いすで利用しやすい配置になっていたりと、お年寄りや障害者でも安心して利用することが可能になっています。

売店で欲しいと思った時にすぐ変える

0d407ddd6a8e4525f59443d64ee2896a_s

現代の生活が当たり前になっていると、いざキャンプをした時には、日用品が不足していることに気づいたり、急に何か飲み物やつまみが欲しくなったりした時にお店を頼りたくなりますが、芦ノ湖キャンプ村には、その売店があり、欲しいと思った時に買いに行くことができます。

レストランで美味しい食事も可能

敷地内にあるレストランでは3食とることが可能で、洋食、和食など豊富なメニューでお年寄りから子供までが選びやすくなっています。大人にとってはビールなどのお酒があるのも嬉しいですし、ケーキセットは女性や子供からも喜ばれます。

スタッフさんも常勤

他にもきめ細かなサービスが行き届いており、スタッフさんが常時勤務していますので、いざという時には対応していただくことができて安心ですし、レンタル品として調理に必要な道具が借りられたり、季節によって扇風機やファンヒーターが借りられたり、囲碁や将棋、トランプなどのカードゲームが有料で借りられます。

レンタサイクルもあり、様々なタイプの自転車が用意されているので、自分に合ったタイプの自転車を借りることができます。周辺には坂道の多いスポットもありますので電動アシスト自転車があるのも助かります。

緊急災害時も安心

この施設では、緊急、災害時の対応も徹底されており、ケガなど緊急の際には近隣の救急医療センターが指定されているのでスタッフさんの支援のもと搬送してもらうことができますし、もし災害が起きた場合はスタッフさんが指定避難場所に誘導してくれますので安心です。

このように安全第一を優先にした範囲内で、多様なニーズに応えられるのが芦ノ湖キャンプ村の最大の魅力で、このサービスのお蔭で1年中多くの観光客が訪れています。

周辺に魅力的な観光地

また周辺には多くの観光地や体験できるスポットがありますから、芦ノ湖キャンプ村に宿泊している間、昼間はあちこちのスポットにお出かけできるのが楽しみ方の一つにもなっています。レンタサイクルで近隣を走って自然を体全体で感じたり、子供を連れて近くの寄木細工の制作体験をしたり、水族館に行ったり、年中楽しめる場所があります。夜になればキャンプ村でキャンプの定番であるキャンプファイヤーも楽しめて、思い出作りがたくさんできます。

こうしたことが可能なのは土地柄かもしれませんが、自然の中にある広大な敷地で幅広いタイプの宿泊設備があるのと同時に便利さがあり、遊べる観光スポットも全て揃っている場所はなかなかありません。リピーターも多いため、芦ノ湖を知り尽くす観光客も多いことでしょう。特に夏休み期間などは混雑も予想されますから、早めに計画を立てましょう。


スポンサーリンク

Check Also

強羅温泉の歴史と日帰りでも堪能できるおすすめ強羅温泉5選

強羅温泉は箱根の中でも豊富な泉 …